次世代ワークステーショングラフィックス 国を選択:
AUTODESK  >   概要  |   特長

AMD FirePro™プロフェッショナルグラフィックスは、Autodesk® 3ds Max®およびMaya®を利用するアーティストに、他に類を見ない技術的な優位性をもたらします。

OpenCL™によってBullet Physicsとデフォーマをアクセラレート

2011年に最初に導入されたMaya Bulletプラグインは、高速なオープンソースのフィジックス・ソルバーです。このプラグインは、「アメリカ映画の祭典」であるアカデミー賞の1部門のアカデミー科学技術賞を受賞したアーウィン・カウメンズ(Erwin Coumans)氏によって開発され、OpenCL™を通してGPUアクセラレートされたBulletライブラリーから構築されており、高度にリアリスティックな動的シミュレーションや運動学的シミュレーションを作成できます。

プリビジュアライゼーションやビジュアルエフェクトで作業するアーティストたちは、強力なビルトイン動力学ツールの恩恵を受けることができます。一方、ゲーム開発者たちは、Bulletカーネルを使用して、PCから次世代コンソールまで、複数のプラットフォームにわたって簡単に拡張可能なフィジックス・ソリューションを作成できます。

3ds Max内での直感的なネイティブ立体視ワークフロー

また、Mayaには、強力な内蔵の立体視ツールセットが提供されています。これは、現在、Autodesk 3ds Maxソフトウェアのユーザーがそのメリットを活用できるというものです。今回リリースされた3ds Max 2015により、デザイン・アーティストは、これまでと同じ、高速かつ直感的なエンドツーエンドのワークフローを使用して、立体視コンテンツを作成し、視覚化できるようになりました。

今回のリリースでは、3ds Maxのシステム・オブジェクト・タイプのセットに新しい[Stereo]ボタンが追加されています。デザイン・アーティストは、アナグリフ、サイド・バイ・サイド、アクティブ・ステレオなどの各種のディスプレイ・モードで、ビューポート内に立体視コンテンツを直接表示できます。この機能は、AMDプロフェッショナルGPUのユーザーにのみ認定されています。

コンテンツ作成ツールとして3ds Maxを使用するVFXプロジェクトおよびゲーム開発者は、アプリケーション間でデータを転送することなく、複雑なステレオスコピック・プロジェクトに対処できるようになりました。

AMDの高度なGCN(グラフィックス・コア・ネクスト)アーキテクチャー、DisplayPort 1.2での4Kモニターのサポート、業界最先端のメモリー・バンド幅、PCI Express® 3.0とOpenCL™ 1.2のサポートにより、AMD FirePro™ Wシリーズのプロフェッショナルグラフィックスカードでは、最先端のテクノロジーを組み合わせて「ゲームを変える」ワークフローを実現できます。これにより、デザイン・アーチストは、より複雑で魅力的なコンテンツを以前よりも迅速に作成できるようになります。
Autodeskユーザーにお薦め


AMD FIREPRO™ W5100 AMD FIREPRO™ W7100AMD FIREPRO™ W8100
GPUメモリー 4GB GDDR5 8GB GDDR5 8GB GDDR5
AMD GCNストリーム・プロセッサー 768 1792 2560
単精度演算性能 1.43 TFLOPS 3.3 TFLOPS 4.2 TFLOPS
Geometry Boost 対応 対応 対応
メモリー・バンド幅 96 GB/秒 160 GB/秒 320 GB/秒
ディスプレイ出力 DisplayPort 1.2a x4 DisplayPort 1.2a x4 DisplayPort 1.2a x4
AMD Eyefinity™とDisplayPort 1.2aでのディスプレイ出力合計数16 6 6
Genlock/Framelock 非対応/非対応 対応/対応 対応/対応
サードパーティー製SDI製品をサポート 対応 対応 対応
4K対応(UHD) 対応 対応 対応
システム・インターフェース PCIe 3.0、シングルスロット PCIe 3.0、シングルスロット PCIe 3.0、デュアルスロット
OpenGL 4.4 4.4 4.4
ソリューション概要
グラフィックスがなぜ多くのM&Eプロフェッショナルユーザーに採用されているかを理解することができます。



OpenCL™革命
AMDとOpenCL™によってM&E
ソフトウェアがいかに最新の
GPU処理能力を引き出すことができるかを知る
ことができます。


M&E事例
Taylor Jamesは、AMD FirePro™ プロフェッショナルグラフィックスとV-Ray RTから素早くレンダリング・フィードバックを得ています。


製品のお問い合わせ
問い合わせ先:
Kiyomi Kodama,ビジネスデベロップメントマネージャ,AMD プロフェッショナルグラフィックス
Kiyomi.kodama@amd.com
Footnote

1AMD Eyefinity™テクノロジーを搭載したAMD FirePro™プロフェッショナルグラフィックスカードを使用してマルチディスプレイに対応可能です。サポートされるディスプレイの数はカードモデルによって異なります。2台を超えるディスプレイをサポートするためには、Microsoft® Windows® 7、Windows Vista®またはLinux®が必要となります。カードモデルによっては、使用するモニターのネイティブ入力をカードのDisplayPort™ コネクターまたはMini-DisplayPort™ コネクターに変換するためのネイティブDisplayPort™ コネクターおよび/または認定済みのDisplayPort™ アクティブ/パッシブ・アダプターが必要な場合があります。詳細については、www.amd.com/fireproを参照してください。
画像はJon Russ(www.jonathanruss.co.uk)からの提供です。
© 2016 Advanced Micro Devices, Inc. All rights reserved. AMD、AMD Arrowロゴ、AMD FirePro™およびこれらの組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。OpenCL™およびOpenCL™ロゴは、Apple, Inc.の商標であり、Khronosの許諾の下で使用されています。他の全てのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属しています。Windowsは、米国および他の地域にて登録されたMicrosoft Corporationの商標です。