次世代ワークステーショングラフィックス 国を選択:
CINEMA 4D

最適化され、動作認定を受けたパフォーマンス
AMD FirePro™ プロフェッショナルグラフィックスカードとユニファイドドライバーは、AMDが検証、最適化を行い、動作確認の認定を行っているため、CINEMA 4Dユーザーは最適化されたパフォーマンスと信頼を手に入れることができます。最新世代のAMD FirePro™ グラフィックスカードの特徴は、新しい「GCN(グラフィックス・コア・ネクスト)」アーキテクチャです。GCNは、わずか1枚のカードで、グラフィックス性能と演算性能をワンランク・アップさせることができます。AMD FirePro™ グラフィックスカードはCINEMA 4Dの新しいスカルプト機能、フィジックス機能、グローバル・イルミネーション機能の能力を最大限に引き出す理想的な選択肢です。


過去の限界を打破し、デザインに命を吹き込む

高解像度のテクスチャーと複雑なライティング技法を使ったシーンの作成は、システムにさらなる負荷をかけます。リアリズムを高めるにつれデータ量があっという間に増大するためです。最新のAMD FirePro™ W5000は、競合製品の2倍の2GB GDDR5メモリーを特徴としているほか²、100GB/秒以上のメモリー・バンド幅とPCI Express 3.0を搭載しています。つまり、最大サイズのテクスチャーであっても、ワークフローを減速させることなく高速フレーム・バッファーにロードできるということです。

ワークフローを加速する

Adobe® After Effects、Adobe® Photoshopといった支援アプリを同時に動かすと、CINEMA 4Dのワークフローにおいてビジュアルを完全に制御し続けることがますます難しくなります。AMD FirePro™ グラフィックスカードはAMD Eyefinity™マルチディスプレイ・テクノロジー¹を搭載しているため、3台以上のディスプレイを使用してワークフローの生産性を向上させることができます。例えば、3Dビューポイントを真ん中のディスプレイで、そして、パレット、メニューのほかあらゆる支援アプリを2台の隣接画面で実行することが可能です。

ひときわ高い演算性能

エフェクト処理やビデオ・レンダリングといった演算集約的な非3Dタスクで発揮される、AMD FirePro™ グラフィックスカードの並外れたパフォーマンスを是非活用してください。AMD FirePro™ グラフィックスカードは、28nmプロセス技術を使用した最新鋭のGCN GPUアーキテクチャをベースにしています。そのため、高度なビジュアル・エフェクトを処理できるだけの優れた演算性能があり、CINEMA 4D R14の新しいフィジックス・ツールに最適です。空気力、跳躍、裂け目といったエフェクトをかつてないほどリアルに見せることができます。



複雑化するモデルに難なく対処する

可能な限り最高レベルの放送用CG、VFX、モーション・グラフィックスを作成するには、思い描く最終的なアニメーションに限りなく近いプレビューで作業する必要があります。これによって、モデルやアニメーションを効率的に作成し、望み通りのレンダリングを生み出せるのです。ワークステーション・クラスのグラフィックスは、このための高速フレーム・レートと高品質なプレビューをもたらし、高まるユーザー・ニーズにも後れを取っていません。最新世代のAMD FirePro™ グラフィックスカードは、こうしたワークフローに理想的な製品です。

Geometry Boostテクノロジーは、前世代のグラフィックスカードに比べて1クロックサイクルあたり2倍のジオメトリー・データを処理します。中でも、複雑化するメッシュでのパフォーマンスが倍増します。Geometry Boostは、オーガニックなモデリングによって、より美しいモデルの作成を可能にする、新しいCINEMA 4D R14スカルプト・システムにぴったりな製品です。
CINEMA 4Dに推奨されるカード


AMD FIREPRO™ W5100 AMD FIREPRO™ W7100 AMD FIREPRO™ W8100
GPUメモリー 4GB GDDR5 8GB GDDR5 8GB GDDR5
AMD GCNストリーム・プロセッサー 768 1792 2560
単精度演算性能 1.43 TFLOPS 3.3 TFLOPS 4.2 TFLOPS
Geometry Boost 対応 対応 対応
メモリー・バンド幅 96 GB/秒 160 GB/秒 320 GB/秒
ディスプレイ出力 DisplayPort 1.2a x4 DisplayPort 1.2a x4 DisplayPort 1.2a x4
AMD Eyefinity™とDisplayPort 1.2aでのディスプレイ出力合計数16 6 6
Genlock/Framelock 非対応/非対応 対応/対応 対応/対応
4K対応(UHD) 対応 対応 対応
システム・インターフェース PCIe 3.0、シングルスロット PCIe 3.0、シングルスロット PCIe 3.0、デュアルスロット
OpenGL 4.4 4.4 4.4
ソリューションの概要
AMD FirePro™ グラフィックスはなぜ3D設計者にとって最適な選択肢なのでしょうか。
その理由をCINEMA 4D
ソリューション・シートでご確認ください。

デジタル・アートを強化する
AMD FirePro™ を搭載したCINEMA 4Dが最先端のアニメーションの作成をいかにを支援するかご覧ください。




Maxon & Adobe
CINEMA 4DとAdobe After Effectsがどのように一体化し、どのようにアプリケーションのパフォーマンスを最大化するかをご覧ください。(英語版のみ)



製品のお問い合わせ
問い合わせ先:
Kiyomi Kodama,ビジネスデベロップメントマネージャ,AMD プロフェッショナルグラフィックス
Kiyomi.kodama@amd.com
Footnote

1AMD Eyefinity™テクノロジーは、有効化されたグラフィックスカード上で最大6台のDisplayPortモニターをサポートできます。サポートされるディスプレイの台数、タイプ、解像度は、モデルとボード設計によって異なります。解像度が異なるモニターが混在する場合は、特定のAMD FirePro™ プロフェッショナルグラフィックスカードによってサポートされます。購入前に、メーカーに仕様をご確認ください。2台を超えるマルチディスプレイ構成で1つの出力から複数のディスプレイに表示するには、DisplayPort™ 対応モニターまたはDisplayPort 1.2 MST対応ハブなどの追加ハードウェアが必要になる場合があります。市販のコンシューマー・モデルでは、最大2個のアクティブ・アダプターを推奨します。詳しくは、www.amd.com/eyefinityfaqを参照してください。
2AMD FirePro™ W5000はDisplayPort 1.2をサポートしており、最大で4096x2160の解像度で描画することが可能です。1度に3台のディスプレイを起動することが可能で、2GB GDDR5メモリー、256ビット・メモリー・インターフェース、102.3 GB/秒メモリー・バンド幅をサポートしています。これに対して、Nvidia Quadro 2000は、DisplayPort 1.1をサポートしており、最大で2560x1600の解像度で描画することが可能です。1度に起動できるのはわずか2台のディスプレイで、1GB GDDR5メモリー、128ビット・メモリー・インターフェース、41.6GB/秒メモリー・バンド幅をサポートしています。Nvidia製品の詳細については、http://www.nvidia.com/object/product-quadro-2000-us.htmlを参照してください。FP-41
画像は© Uli Staiger(www.dielichtgestalten.de)からの提供です。

© 2016 Advanced Micro Devices, Inc. All rights reserved. AMD、AMD Arrowロゴ、AMD FirePro™およびこれらの組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。OpenCL™およびOpenCL™ロゴは、Apple, Inc.の商標であり、Khronosの許諾の下で使用されています。他の全てのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属しています。Windowsは、米国および他の地域にて登録されたMicrosoft Corporationの商標です。