次世代ワークステーショングラフィックス 国を選択:
HPC用途のOpenCL™  >   概要  |   特長

OpenCL™ 2.0の主な機能

パイプ
先入れ先出しでデータを格納管理するメモリー・オブジェクトとして実装されます。これによって、共通のキュー・データ構造を簡略化します。

(英語版のみ)

デバイス側でのC11 Atomic
C11のAtomicや同期演算のサブセット。これによってスレッドの並列実行が可能になり、共通のデータセット上で安全に動作します。
他にも、OpenCL™のプログラミング・エクスペリエンスを向上させるために複数の新機能が追加されています。OpenCL™ 2.0に関する上記およびその他の機能向上によって、極めて大きな最新のヘテロジニアスシステムの潜在的パフォーマンスの活用が可能になります。詳細は、OpenCL™ 2.0 クイック・リファレンス・カード(英語版のみ)を参照してください。



OpenCL™アプリケーション・リスト

CAD/CAM CAE
ベンダー名アプリケーションOpenCL™対応
Autodesk Moldflow 1.1
Beta CAE Systems ANSA 1.1
Dassault Systèmes SIMULIA Abaqus* 1.1
Dem Solutions EDEM 1.1
Open Cascade Open Cascade SDK1.1
Russian Geometric 3D KernelRGK 1.1
SIEMENS PLM Software NX Nastran* 1.1
Vratis SpeedIT FLOWCL* 1.2

デジタル・コンテンツ・クリエーション
ベンダー名アプリケーションOpenCL™対応
Adobe Media Encoder CC 1.1
Adobe Photoshop CC 1.1
Adobe Premiere Pro CC 1.1
Adobe SpeedGrade CC 1.1
Assimilate Scratch 1.1
Autodesk Maya 1.1
Blackmagic Design DaVinci Resolve 1.1
Blackmagic Design eyeon Fusion 1.1
Bullet Physics
ライブラリー
Bullet Physics SDK1.1
MainConcept H.264/AVC SDK 1.1
Side Effects Houdini 1.1
Sony Vegas Pro 12 1.1
The Foundry Mari 1.1
The Foundry Nuke 1.1
分子力学
ベンダー名アプリケーションOpenCL™対応
GROMACS*GROMACS*1.1

数値解析
ベンダー名アプリケーションOpenCL™対応
ArraryFire
(formerly AccelerEyes)
GPU Software Library1.1
Scilab Enterprise Scilab 1.1
Wolfram Mathematica 1.1

レンダリング – CAD/デジタル・コンテンツ・
クリエーション
ベンダー名アプリケーションOpenCL™対応
Maxon
(Nemetschekグループ傘下)
Cinema 4D1.1
Chaos Group V-Ray 1.1
OPTIS THEIA-RT 1.1

ツール、ライブラリーおよびその他のランタイム・
ツール
ベンダー名アプリケーションOpenCL™対応
Cintoo3DSmartMesh1.1

*データセンターアプリケーションにお勧め
製品のお問い合わせ
問い合わせ先:
Kiyomi Kodama,ビジネスデベロップメントマネージャ,AMD プロフェッショナルグラフィックス
Kiyomi.kodama@amd.com
© 2016 Advanced Micro Devices, Inc. All rights reserved. AMD、AMD Arrowロゴ、AMD FirePro™およびこれらの組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。OpenCL™およびOpenCL™ロゴは、Apple, Inc.の商標であり、Khronosの許諾の下で使用されています。他の全てのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属しています。Windowsは、米国および他の地域にて登録されたMicrosoft Corporationの商標です。