次世代ワークステーショングラフィックス 国を選択:
PTC Creo®  >   概要  |   特長

PTC Creo®設計者向けに高いパフォーマンスとインタラクティビティを実現
AMD FirePro™グラフィックス・チームはPTCと緊密に連携し、PTC Creoユーザーに対して、プラットフォームの信頼性に加えて最適のワークフロー・パフォーマンスと生産性を提供します。最新のAMD FirePro™プロフェッショナルグラフィックスカードによって、大規模なアセンブリーや複雑なモデルを扱う際のパフォーマンスが改善されます。PTC Creo 3.0ユーザーは、この卓越したパフォーマンスに加えて、インタラクティビティ性の大幅な向上を手に入れることができます。



「革新的な製品を生み出すには、グラフィックスを活かした革新的な設計技術が必要です。PTCとAMDは、PTC Creo®ユーザーが必要とする信頼性、パフォーマンス、そして、ワークフロー革新を提供するために、緊密に連携してきました。納得の価格でワークステーション・クラスの優れたデザイン・エクスペリエンスを手にしたいCreoユーザーにとって、AMD FirePro™プロフェッショナルグラフィックスカードは最適な選択肢です。」
とMIKE CAMPBELL氏(上級副社長、CADセグメント、PTC Inc.)は語っています。

ソリューション概要

AMD FirePro™プロフェッショナルグラフィックスとPTC Creo Parametric 3.0はどのように高度なワークフローを実現するでしょうか。ぜひその目でお確かめ下さい。



ワークステーション・チューニング・ガイド

Develop3DによるCreo特別版「ワークステーション・チューニング・ガイド」は、お使いのワークステーションのパフォーマンス最適化に役立ちます。

(英語版のみ)
製品のお問い合わせ
問い合わせ先:
Kiyomi Kodama,ビジネスデベロップメントマネージャ,AMD プロフェッショナルグラフィックス
Kiyomi.kodama@amd.com
Footnote

1AMD内部のオートバイ・データセットを使って実行したAMDの内部ベンチマーク「Creo Benchmark v3.1」において、AMD FirePro™ W7100とOIT透過モードCreo 3.0に対するブレンド透過モードPro/ENGINEER Wildfire 5.0­の比較に基づきます。 Intel Xeon X5570(2.93GHz、4コア)、12GB RAM、Windows 7 64ビット、120GB SSD、AMD FirePro™ドライバー14.301、ディスプレイ1920x1200、Creo Parametric 3.0 F000およびPTC Pro/ENGINEER Wildfire 5.0­ M250。
2AMD内部のオートバイ・データセットとシェーダー・モードを使ってCreo 3.0を実行したAMDの内部ベンチマーク「Creo Benchmark v3.1」における、AMD FirePro™ W7100とNvidia Quadro K4200の比較に基づきます。Windows 7 64ビット、Intel Xeon E5-2630(2.30 GHzの場合)、18GB RAM、Seagate 250 GB 7200 SATA 16 MB HDD、AMDドライバー14.30-140915a-175805E-ATI、Nvidiaドライバー340.66。
3特定のAMD FirePro™グラフィックスカードはGCNアーキテクチャーを基盤とし、これに関連する機能(AMD PowerTuneテクノロジー、AMD ZeroCore Powerテクノロジー、PCI Express 3.0など)を含んでいます。すべての製品がすべての機能を備えているわけではありません。­具体的なモデル機能については、システム・メーカーにお問い合わせください。

© 2016 Advanced Micro Devices, Inc. All rights reserved. AMD、AMD Arrowロゴ、AMD FirePro™およびこれらの組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。OpenCL™およびOpenCL™ロゴは、Apple, Inc.の商標であり、Khronosの許諾の下で使用されています。他の全てのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属しています。Windowsは、米国および他の地域にて登録されたMicrosoft Corporationの商標です。