次世代ワークステーショングラフィックス 国を選択:
リモート・ワークステーション

設計、エンジニアリングに携わり、小中規模のモデルおよびデータセットを扱うプロフェッショナルに最適な製品は、AMD FirePro™ R5000リモート・グラフィックスカードです。AMD FirePro™ Sシリーズ・サーバーカードとは異なり、R5000にはTeraiciが提供するPCoIPホスト・プロセッサーが搭載されています。これによって、ネットワーク経由で、ピクセルの圧縮および転送ができ、リモートでのデスクトップおよび情報へのアクセスが可能となります。



AMD FirePro™ R5000リモート・グラフィックスカードは、PCIe®対応のシングルスロット・カードです。設計やエンジニアリングの以下の主要ソフトウェア・ベンダーから、互換性およびパフォーマンスについて認定済みです。


設計やエンジニアリングに最適なリモート・ワークステーション

IT部門による管理の簡素化のためにデータセンター内にハードウェアを集約することが可能
利用可能なワークスペースを最大化し、放熱と騒音の少ない作業環境を実現
ユーザーは、利用可能なデバイスから各自のデータやプロジェクトにリモートでアクセス可能
共同作業者は、データを複製することなく、別の場所から同じワークステーションのデータを表示することが可能
データはデータセンター内で安全に保護され、転送されるのはピクセルデータのみ
完全な3Dグラフィックスを含む物理システムに匹敵するパフォーマンス体験を実現
VMwareのサポートによって、1Uラック型ワークステーションに最大密度まで複数の仮想マシンを作成することが可能


社内ネットワーク経由でワークステーション体験を提供

AMD FirePro™ R5000リモート・グラフィックスカードには、TERA2 PCoIPホスト・プロセッサーが統合されています。このPCoIPテクノロジーによって、ピクセルのみが転送される、ホスト・レンダリングが可能です。これらのピクセルは、表示されているメディアの種類ごとにエンコードされ、最適化されて、標準的なIPネットワークで転送されます。ワークステーションの画像は一般的に、小型でセキュリティ面でも優れている、PCoIP対応のゼロ・クライアントに転送されます。PCoIPゼロ・クライアントはオフィスやリモート環境に設置でき、あらゆる場所からワークステーションへのアクセスを可能にします。また、Teradici PCoIPソフトウェア・クライアントをインストールしたデスクトップまたはノートPCでも、PCoIPトラフィックを受信することができ、自宅や出先でも柔軟に情報へアクセスが可能です。

データセンターからの集中管理を実現

1枚のAMD FirePro™ R5000リモート・グラフィックスカードは、1人のユーザーのみに割り当てられます。 ただし、1Uラック型ワークステーションに複数のR5000を導入すると、複数ユーザーへ対応することができます。AMD FirePro™ R5000はVMware ESXi 5.5をサポートしているため、IT部門は複数の仮想マシンの作成およびサポートが可能です。1ユーザーごとに1Uラック型ワークステーションを導入することをご希望の場合は、ハイパーバイザーは不要です。

エンド・ユーザー側の要件として、各ユーザに対して以下が必要となります。
ディスプレイ(最大で4台のリモート・ディスプレイをサポート)、マウスおよびキーボード
1~4台のリモート・ディスプレイをサポートしたPCoIP互換のゼロ・クライアント
社内ネットワークへの接続
出先でのリモート・アクセス用に、Teradici PCoIPソフトウェア・クライアントがインストールされているノートPCまたはデスクトップPC

グラフィックスカードをデータセンター内に導入することで、管理が容易になります。AMD FirePro™ R5000を利用することによって、IT部門は、トラブル対応時にリモート・ユーザーのディスプレイをデータセンターに再現することができます。 R5000独自のこの機能を利用することで、IT部門は、2系統のMini DisplayPort出力を介して、最大2台のディスプレイをローカルに再現することが可能になります。また、リモートではユーザーごとに最大で4台のディスプレイをサポートすることができます。

弊社パートナーのBOXX社は、追加設定なしですぐに使えるシンプルなソリューションをお探しの方に、AMD FirePro™ R5000 GPUを8枚搭載した完璧なソリューションを提供しています。こちらをクリックして、非常にユニークで高い性能を持つ本製品の詳細をご覧ください。 (英語版のみ)
各ユーザーの自席への導入

AMD R5000の導入には、2つの方法があります。データセンターに導入するか、または各ユーザーの自席のデスクトップ・ワークステーションに導入するかです。ハードウェアの集約化が優先事項でない場合、あるいはユーザー・グループが1カ所にまとまって作業している場合は、AMD FirePro™ R5000を各ユーザーの自席のデスクトップ・ワークステーションに導入可能です。この場合にもユーザーは、PCoIP対応のデバイスからリモートで、システムや情報にアクセスすることができます。

パワー・ユーザーのサポート

AMD FirePro™ R5000 リモート・グラフィックスカードは、設計、エンジニアリングに携わり、小中規模のデータセットおよびモデルを扱うプロフェッショナルに最適な、ミッドレンジのグラフィックスカードです。大規模なデータセットとモデルで作業をするユーザーを抱えている場合、AMD FirePro™ W7000をお勧めします。スタンドアロンで利用できるPCoIPホスト・プロセッサー・カードを搭載可能で、ラック型ワークステーションまたはユーザーの自席のデスクトップに導入することができます。これが、デュアルカード・ソリューションのメリットです。


デュアルカード・ソリューションを検討するタイミング

R5000を上回るグラフィックス性能を必要とするパワー・ユーザーをかかえている場合
ラック型ワークステーションの密度が最重要事項でない場合
リモート・ディスプレイをローカルにクローンする必要がない場合
グラフィックスカードとPCoIPホストカード間の外部ケーブルに対応できる場合

(英語版のみ)
製品のお問い合わせ
問い合わせ先:
Kiyomi Kodama,ビジネスデベロップメントマネージャ,AMD プロフェッショナルグラフィックス
Kiyomi.kodama@amd.com
脚注

s
1AMD Eyefinity™テクノロジーを搭載したAMD FirePro™プロフェッショナルグラフィックスカードを使用して、マルチディスプレイに対応可能です。サポートされるディスプレイの数はカードモデルによって異なります。2台を超えるディスプレイをサポートするためには、Microsoft® Windows® 7、Windows Vista®またはLinux®が必要となります。カードモデルによっては、使用するモニターのネイティブ入力をカードのDisplayPort™ コネクターまたはMini-DisplayPort™ コネクターに変換するためのネイティブDisplayPort™ コネクターまたは認定済みのDisplayPort™ アクティブ/パッシブ・アダプターが必要な場合があります。詳しくは、 www.amd.com/firepro をご覧ください。

© 2016 Advanced Micro Devices, Inc. All rights reserved. AMD、AMD Arrowロゴ、AMD FirePro™およびこれらの組み合わせは、Advanced Micro Devices, Inc.の商標です。OpenCL™およびOpenCL™ロゴは、Apple, Inc.の商標であり、Khronosの許諾の下で使用されています。他の全てのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属しています。Windowsは、米国および他の地域にて登録されたMicrosoft Corporationの商標です。